アーカイブ | 海外ドラマ RSS feed for this section

2011年2月23日-「FRINGE シーズン1 第13話」

23 2月


『FRINGE シーズン1:第13話:突然変異』の感想

今回のFRINGE君は超生物というか超ウィルスで、人間の体を変異させて野獣化させるものだった。
そして今回はまた例の「タンク」が出てくる。ということはジョンがらみってことだ。

冒頭で飛行機の中で野獣が暴れ、飛行機が墜落。

オリビアは自宅に帰宅し、レイチェルの娘エラが化粧して脅かしている。
ここでレイチェルが「ごめん、オリビア」と謝っているが、謝るぐらいなら自分を使わせろよと突っ込んでおこう。

そこでお決まりのブロイズからの電話。

捜査に行くオリビア達だがここで気になったことが一つ、ハリスはどうなったんだ?
前話でブロイルズと激突したが、そのまま帰ったんだろうか?

まあいいや、あのおっさんにはあまり興味がない。
おっさんで興味があるのはスキンヘッドの監視人だ。もうちっと登場回数増やしてくんないかなぁ。

っでフリンジチームが到着し、例の怪物、っこではハリネズミと呼称しよう。
なんでか? それは外見がハリネズミみたいだからだ。
狼男の出来そこないみたいな感じだったが、もうちっと何とかならんかったのかな。

毎回思うんだけど、突然変異とかって絶対外見が醜くなる方にしか変異しないじゃん、外見が良くなる方に変異したバージョンもあってもいいのにと思う。

今回はウォルターはウキウキしてたなぁ。
解剖マニアだからねあの人。

もう一人ウィルスに犯された被害者?協力者?の右手のひらを切ってくれとオリビアから言われた時は「切るのは大好きだ」って満面の笑みを浮かべてたもんな。

それとピーターだ、やっぱりオリビアに気があるような感じがする。
「俺も遂に君の頭の中にしかいない奴の事を話すことになるとは」なんて言っているけど、絶対気があると思う。

まあ今回は事件解決よりもジョン・スコットの真の姿を明らかにすることが目的なのでしょうがない。

手に埋め込まれていたチップと被害者二人ともジョンの記憶にあった人物ということもあり、ジョンの遺体を掘り起こすことを要望するがブロイルズは出来ないという。
そりゃマッシブにあるからできんだろうと思ってたら、以外にもマッシブに行ったではないか。

そしてあのターミネーター婆さんがジョンの遺体をオリビアに見せて、データ収集をしている事まで言ったではないか。

あの婆さんは敵だと思ってたのだがちがうのかよ。
なんかこんがらがってきた、ということはジョーンズの組織対国家安全保障局の対決ってことなのか。

なんだかんだでマッシブで新たな情報を得たオリビアはハーバード大学に戻り、ジョンの記憶がこの事件を解決する唯一の方法と言い例のタンクが登場する。
3回目のダイブだ。

そして、オリビアはジョンから真実を知らされる。
どういう理屈で記憶の中のジョンと話すことが可能なのかさっぱり理解できんがまあいいや。

そんでもって、オリビアとピーターが潜入捜査を行いやばくなったところでFBIが突入して一件落着した。

エンディング
どうしてもジョンとのことを白黒つけたいオリビアは再度タンクの中に入るとウォルターに要請する。
既にオリビアの脳がジョンの記憶の排除を初めているため記憶に繋がったとしても数秒程度だろうというが、オリビアはなおのことと迫る。

そして、オリビアとジョンは再び意識の中で会うことが出来、ハッピーエンド。

ピーターとオリビアの関係がどうなっていくのか無性に気になる。
オリビアはジョンを愛し続けるのだろうか、そしてピーターはオリビアに告白するのだろうか。

2011年2月19日-「FRINGE シーズン1 第12話」

20 2月


『FRINGE シーズン1 第12話:殺人プログラム』の感想

今回のFRINGE君は題目通りの殺人プログラムで超科学の方だ。
っでウォルターの過去研究とは全く関係なく、天才プログラマーが腹いせに作り上げた産物だった。

FRINGEでは本ストーリー以外はめったにないと思うのだが第11話から登場したハリスとの攻防戦や、ウォルターの過去の事故の被害者の母親が出てきたりと本話はサブストーリーも豊富だったように思える。

今回はウォルターが主ではなくどちらかというとピーターが主だった。

シリアスな場面が多く、今回はウォルターとピーターの親子小劇場はナシ。残念 (;O;)

パターンの一件でもないため比較的普通のバイオレンスぽかったが、それゆえにサブストーリーを盛り込んだのだろうと推測する。
まあ、前話でミッチェル・ローブを逮捕するという大山があったのでここいらで一休憩ってとこかな。

構成もわりかしストレートで、犯人もスグに姿を現したし、マッシブのターミネーター婆さんも出てこなかったしジョーンズ 教祖も出てこなかった。
まあパターンの事件ではないから当然だろう。

事件は3人もの犠牲者を出すが、オリビアの捜査から犠牲者の共通点から最初の犠牲者の友達の父親が犯人だという結論に達して比較的あっさり解決した。
その過程で、オリビアの妹レイチェルの娘エラが事件に巻き込まれそうになるがなんとか無事だった。

ここでエラちゃん死ぬのかとも思ったが、それはなかった。
パターンじゃないからオリビアの縁者は死なないのだろう。

何故狙われたかは細かく描写されていなかったが、死んだ犠牲者のPCカメラでオリビアが捜査していることを知り、写真照合かなんかで住所を割り出しターゲットとしたのだろう。レイチェルとエラは不幸にもオリビアのアパートに同居していたため巻き込まれた。

エラの危機に急行したピーターはアパートでレイチェルとエラに会い、無事だったエラの遊び相手をしていた時にレイチェルに言った言葉「赤ん坊の扱いはなれているんでね」って絶対ウォルターのことだよなwww

サブストで進んでいたウォルターの死んだ助手の母親の件でオリビアはピーターにウォルターを認めてあげてと言っていたがピーターから見れば今のウォルターは手のかかるでっかい子供なのだろう。

だが、事件解決後にウォルターと合わせることにしたピーターは、自分が間違っていたとオリビアに言いに来る。

それはそれでよかったと思うのだが、ピーターとオリビアの仲はどうなんだろう?
前話でウォルターはオリビアがさらわれた時ピーターはものすごく心配していたと言っていたが、ウォルターはピーターがオリビアのことが好きだと思っているのだろう。

自分もそう思うのだが、オリビアの方がわからない。
ジョン・スコットを忘れられずにいるのかどうか、この二人の関係はやっぱりジョンがキーワードなのかな?

今後この二人の展開も楽しみしながら第13話に期待するとしよう。

2011年2月13日-「HEROESシーズン1:第21話」

14 2月

『HEROES シーズン1 第21話:ニューヨークへ The Hard Part』の感想

舞台が現代に戻り、それぞれのチームの流れが進んでいく、ヒロ・安藤の任務チーム、クレア・ピーター・ネイサンのペトレリチーム、ベネット・マット・テッドのベネットチーム、DL・ニキ・マイカのホーキンスチーム、モヒンダ・トンプソンの組織チーム、そしてサイラー。

これまで別々に進んでいたストーリーがようやくここで一つになりつつある。

爆発を止めるべくサイラーを倒し世界を救うと心に誓う任務チームだがまだ現時点で爆発するのがピーターということは知らずサイラーだと思っている、それはそうだろう5年後の世界でネイサンが爆発したのはサイラーだと言っていたのだから。

そして、任務チームは予告漫画の吹き出しに入るワードを求めアイザックのところへ行くが、アイザックは数時間前にサイラーの手にかかっていた。
ヒロは自分が初めて能力を発揮しニューヨークに転移した時のことが起きたことに気付く。
そしてサイラーと出くわしてしまう。なんとかその場を脱出した任務チームは、そのままサイラーの尾行をすることに。

サイラーはアイザックから吸収した力で自分がテッドの力を吸収し爆発することを知りモヒンダに助けを求める、しかしモヒンダが組織に通報したのを聞きとりあるところに行こうとする。そこへヒロと安藤がやってきたがヒロの転移能力で取り逃がす。

そして、サイラーは時計職人だった時の格好に戻りあるところへ行く、それは母親が住む自宅だった。

一方ペトレリ家ではクレアがパリに旅立つのピーターが止める。
爆発止められるのはクレアしかいないと、銃をクレアに渡しその時が来たら後頭部を打つように言う。
その話を聞いたクレアはテッドのことをピーターに話す。
ピーターとクレアはネイサンにテッドのことを話し捜索するように依頼する、しかしネイサンは電話を欠けさせてくれと言いリンダーマンに話をする。

そして、クレアとピーターはネイサンがトンプソンと話をしているのを目撃してしまう。
兄を信じるというピーターだが、自分を家族を引き裂いたトンプソンと通じていることを知ったクレアはネイサンを信じられなくなる。
ピーターの提案でクレアと二人でテッドを探しに行くことにするクレアとピーター。
そしてネイサンはトンプソンから爆発は必要なことで、その爆発から全てが始まると言われる。
リンダーマンから連絡があったアンジェラがネイサンのところに行き自分はすべてを知っていると明かす。
母親であるアンジェラが何者であったか知ったネイサンは自分には出来ないというがアンジェラは信念を持って自分の役目を果たすようにネイサンに言う。

一方組織チームではモヒンダからサイラーから連絡があったと知らされたトンプソンがモヒンダを組織の施設に連れてくる。
そこにいたのはマットが救出した女の子モリーだった。

トンプソンからサイラーを止められるのはモリーしかいないがモリーは自分の姉と同じ病であり、そのせいで能力が発揮できないでいる聞かされる。
サイラーに殺された父親チャンドラが特効薬を開発しており、その特効薬を見つけるためモヒンダはモリーの治療に当たる。
そして、自分の血が特効薬であることに気付きモリーに点滴を始める。

一方ホーキンス一家では、マイカがリンダーマンに連れて行かれたことを知りジェシカに対して怒るDL、マイカを取り返すとリンダーマンのところに乗り込むDLに対し鏡の中からジェシカにDLに付いていくよう話すニキ。
ジェシカが行かないとDLは死にマイカも戻らないと頼むニキの言葉に折れジェシカもDLと共に行くことに。
DLの能力でリンダーマンのコレクションルームに侵入した二人はじぶんたちがずっとリンダーマンに監視されていたことを知る。
そこにはアイザックが描いた絵もあった。爆発の中ビルから外を見つめるマイカが描かれていたのだ。

リンダーマンは選挙でニューヨークにいることを知り、DLとジェシカはニューヨークへ向かった。

一方ベネットチームは組織の最新型の追跡装置を破壊すべくニューヨークへ赴く。
途中マットは妻に電話しようとするが、ベネットはそれを制する。慎重に事を進めなければ組織に居場所を発見されると。
テッドはだいぶ力の使い方に慣れてきており、その力を使ってカーショップから車を奪い一路ニューヨークへ。

サイラーが向かった自宅まで尾行するヒロと安藤。
サイラーはモヒンダとの電話で話していいたが自分の今までの殺しは無差別殺人ではなく、能力を有しているがその能力を有益に使用しない能力者を殺しただけである大爆発なんか起こしたくはないと。

母親に会って時計職人に戻りたいと話すサイラー、だが母親は息子ガブリエルは特別な子・なんでもできる子といいその気になれば大統領にだってなれるという。
5年後の世界でネイサン(サイラー)が大統領になっていた原因は母親の一言だったのだ。
だが、自分には特別な力があるがそのせいで大勢の人が死んでしまうといい、時計職人に戻りたいという。
そこで自分の力を母親に見せるサイラー。だが最初は喜んでいた母親だが次第に恐怖に駆られサイラーを突き放す。
サイラーを化け物と呼び、ガブリエルを返せと言う。自分がガブリエルだというが聞かない母親。
そして鋏を持ち出し押し問答になり、サイラーは母親を殺してしまう。

外でそれを見ていたヒロと安藤だが、ヒロはそんなサイラーを見て誰にでも一度は許されるといいサイラーを殺すチャンスをつぶそうとする。
しかし安藤の話で心を鬼としてヒロは時間を止めてサイラーを切ろうとする。
が感づかれたサイラーに防がれてしまう。刀を凍らされ安藤共々またもや脱出する羽目に。

そしてサイラーは狂気に覚醒していく。

エンディングでニューヨークに着いたベネットチームがクレアとピーターに会う。
再会に喜ぶベネットとクレアだが、テッドを力を無意識に吸収し始めるピーターだった。

ピーターとサイラーの違いは何か。
サイラーはおそらく力を吸収するには相手の脳を食べるかどうかして取りこまなければならないが、ピーターは近寄るだけで自然吸収する。
サイラーは吸収した力をすぐに使えるが、ピーターは使用できるようになるまで練習が必要。

同能力者だがその方法には違いがあるようだ。

でも一つ疑問がある、ピーターはネイサンの飛行、クレアの治癒、クロードの透明人間、アイザックの予知、マットのヒーリングと吸収したがサイラーのサイコキネシスとヒロの次元転移は使っていない。吸収したが使っていないのか吸収できていないのかどちらだろう。
近寄っただけで能力を吸収するなら、サイラーを対した時にサイラーの持てる能力を全て吸収してもよさそうなものだが、それはできないのだろうか?

なんいしてもシーズン1フィナーレまであと2話。
爆発が起こるのか、止められるのか楽しみである。

2011年2月5日-「FRINGE シーズン1:第11話」

5 2月

『FRINGE シーズン1 第11話 BOUND(裏切り)』の感想:

本話は第10話 SAFE(記憶)の続きだ。
第10話のラストでオリビア(アナ・トーヴ)がさらわれてしまった。
オープニングはラボからで、芋虫に薬を与えているウォルター(ジョン・ノーブル)にピーター(ジョシュア・ジャクソン)が「芋虫に薬をやるのを見て何とも思わなくなった」とジョークを言っているところにアストリッド捜査官(ジェシカ・ニコール)がオリビアがいなくなったと告げるところから始まる。

本話で印象的だったのは、オリビアの格闘シーンが多いこととブロイルズ(ランス・レディック)がやはり部下思いのいい上司やんってこと!

オリビアの格闘シーンは3回ある。冒頭とミッチェルの自宅とラストの3回。
アナ・トーヴも格闘練習けっこうやったに違いないな、殴る・蹴る・足を引っ掛けて倒すってけっこういろんなことやってるよ。

ブロイルズは第1話で出ていた友人(オリビアによって有罪にされた奴)が現れ、どうなるかと思ったがオリビアを庇い友人と対決する。
こういう上司がいるとイイねぇ。

本話でのFRINGE的超科学兵器・超科学生物は超科学生物の方で、ウォルターの過去の研究とは関係のないものだった。

あと、オリビアの妹 レイチェル(アリ・グレイノール)が登場!
こちらもアナ・トーヴに負けず劣らずのべっぴんさんです。

大まかな流れ:
拉致されたオリビアは敵のアジトで奇妙な生体処理を受けてしまう。
その際、処理した男は覆面・変声器で正体を隠していたが、背中に処理をするため裏返しにされた時オリビアは覆面男の靴に特徴があることを見つける。
この際、体を固定されて裏向きにひっくり返される時のオリビアの叫びがなんともリアリティがあって良かった。

処理後になんとか敵の隙をつき脱出するオリビア、その頃FBIではブロイルズが捜査員に対してオリビア捜索を最優先にし、即刻捜査を開始するように指示していた。
その時、昔の友人から電話がかかってくる。オリビアが有罪にした奴だ。

奴はフリンジチームの評価を依頼されこちらに来るという。

オリビアは何とか外に逃れ、途中で奪った携帯でブロイルズに連絡を取り、敵のアジトの捜査を依頼し捜査員到着まで待つことに。
だが捜査員が到着しオリビアが近付いたとたん麻酔銃で撃たれてしまう。

気が付いたオリビアは病院に、そして自分が有罪にしたはずの男が目の前にいた。
有罪判決をなんとか覆したという男は今後はフリンジチームの評価のため付きまとうことに。

翌日オリビアがオフィスに行くとあのミッチェル・ローブが復職しており、自分の誘拐事件の担当になったという。
まあ、適当に捜査してモミ消すつもりなのだろう。

そしてとある大学のウィルスや微生物を研究している教授が講義中に倒れ死亡。
ここで今回のFRINGE君が登場。
ナメクジ(芋虫?)を30センチくらいに巨大化させた生物だ。
動きも素早いが、後に捜査・捕獲にきたFBIの捜査チームに一緒にいたウォルターにバケツで捕獲された。

フリンジはちょいちょいウォルターが笑いを取りに来るが、今回はここと次のシーンで生物を検査しているときに食べ物が食べたいと言いアストリッドによく食欲が出ますねと言われているシーンの2か所だった。

検査の結果、超生物は風のウィルスを巨大化させたもので、オリビアが拉致されたアジトから持ち帰ったものと一致した。

オリビアが誘拐犯と今度の犯人が同一人物であると思い捜査を開始。
狙われるターゲットがもう一人いた。

FBIによる保護をブロイルズに進言し、ブロイルズは友人は何とかすると言ったが、当の友人にターゲットを保護する際に邪魔をされそのすきにミッチェルが超科学生物を仕込みターゲットは殺されてしまった。

オフィスの戻りオリビア達に平気で声をかけるミッチェル。だがこの時オリビアに靴を見られ犯人だと見破られてしまう。
ここの落ちだけもうちょっと他になんとかならんかったのかなと思う。

さすがにスパイとして潜り込んでいる奴が靴の汚れだか傷だかどっちかわからんが、そのままにしておくようなことはしないだろうって思ったがまあいいや。

証拠を挙げるためチャーリー(カーkジュ・アセヴェド)に協力を依頼し、ミッチェル宅に向かうオリビア。
チャーリーはピーターに協力を要請しなんとかミッチェル宅の電話を盗聴することに成功。

ミッチェル嫁がミッチェルに電話しているところを盗聴し、オリビアは殺されずに済むがここで格闘。
ミッチェル嫁もなかなか強かった。きっとミッチェルが仕込んでいたに違いない。

オフィスからミッチェルは姿を消し、ミッチェルの捜査が始まる。
ピーターのアイデアでおびき出し作戦が取られ、見事におびき出されるミッチェル。ここでオリビア3回目の格闘(っていうか一方的に殴った)

最後の取り調べのシーンでなんとか自供を取ったが、その際にミッチェルは奇妙なことを言う。
「お前を助けてやったんだ、けど台無しにしやがって」と。

ミッチェルはあのドイツ人の配下なのだが、そのドイツ人がまだどういう立場なのかよくわかっていない。

構図は3つ共え。フリンジチーム・マッシブダイナミック・ドイツ人グループ。あとはフリンジチームを操ろうとしている裏の組織があるに違いない。
パターンを仕掛けているのはどこなのか。
いまのとこマッシブのターミネーター婆さんがとても怪しいのだが、ドイツ人側も超科学・超生物を使って事件を起こしている。

順当に行けばドイツ人側が黒幕側だろうと思うが第12話でどうなるのか楽しみだ。