アーカイブ | 勉強 RSS feed for this section

2011年2月4日-P検準2級 資格検定試験

4 2月

今日はパソコン検定 準2級の資格検定試験の日。

準2級からはプレゼンテーションが検定内容に加わった。

まずはP検準2級のことについてちょっと触れよう。

P検(パソコン検定)とは「パソコン検定協会」が実施している「公的・民間」資格の一つ。
国家試験の一歩手前の資格というところかな。

内容としては、「タイピングテスト」・「コンピューター知識」・「OS(Xp or Vista)」・「ネットワーク」・「情報モラルと情報セキュリティ」・「ワープロ(Word)」・「表計算(Excel)」・「プレゼンテーション(PowerPoint)」のカテゴリーに分かれている。

試験方法はCBT方式で準2級まではそのまで合否判定がすぐ分かる。
「ワープロ(Word)」・「表計算(Excel)」は実技テスト付きだ。

配点は700点満点
合格基準はタイピングテストが配点100点のうち50点以上、選択・実技テストが配点600点の内390点以上(70問中の46問)だ。

3級までは一般的なパソコンの知識があればなんとか合格出来るかなというレベルだが、流石に準2級ともなれば専門的なことも問題に出てくるようになる。
「プロトコル」とはなんぞやとか、「電子計算機損壊等業務妨害」とかいうような専門用語も出てくる。
後は毎度出てくる著作権・知的財産権等々の法律の内容もやっぱり出てくる。

ワード・エクセルの実技テストも、差し込み印刷の実技やエクセル関数の入力などちょっと高度なことも入ってくるので十分注意が必要。
最も重要なのはワード・エクセル・パワーポイントだからいつも使ってるのでいいやと思わないこと!

いつも使っているので細かな部分(特に名称)は覚えていないはず、それが文選択テストでは名称で出てくるの「あれなんて名前のダイアログだったけ?」というパターンになる。

操作方法は覚えていても操作する部分の名称を覚えるという意味でも勉強はしておいた方がよい。
今回特にパワーポイントなんて普段あんまり使わないからちょっと大変、3日で名称全て叩き込んだつもりだったが、付け焼刃はやっぱり良くなくC判定だった。

受験結果はありがたくも「合格」だった。

配点700点満点中の581点。
カテゴリ別の評価と正答率は以下の通りだった。

タイピング
評価 A、正答率 84%

選択式テスト&実技テスト
コンピュータの知識:評価 A、正答率 100%
OS:評価 A、正答率 84%
ネットワーク(インターネット・LAN):評価 B、正答率 80%
情報モラルと情報セキュリティ:評価 B、正答率 80%
ワープロ:評価 A、正答率 90%
表計算:評価 B、正答率 80%
プレゼンテーション:評価 C、正答率 50%

3級でワープロが評価Cだったので今回はより復習してみた結果、評価Aになったがかわりにプレゼンテーションが評価Cとは・・・・

ちなみに勉強した期間は約2週間で、毎日3時間ほどやっていた。
たぶん、普通にちゃんと勉強すれば落ちることはないだろう。

問題はこれからだ。2級→準1級→1級と階段は一気に険しくなると思われるので早めの準備をしておくことにしよう。

広告

2011年1月11日-パソコン検定試験3級

12 1月

今日はパソコン検定試験3級の試験日。

試験勉強が先週から始めたもんだから試験日当日の今日もギリギリまで勉強してた。(試験開始は18時)
おかげさまで結果は合格しました。!(^^)!

600点満点中の539点!タイピイングと選択問題がA判定だったがワードが50パーセントのC判定、エクセルが90パーセントのB判定。ワードがちょっとというかだいぶショック!MCASでオフィスマイスターの称号取ったのはどこのどいつだぁ~って感じ。

というか出題の仕方が非常に紛らわしい。
MCASの時も思ったのだが、問題の解釈に困る場合がある。

今日ワードで間違えたなと思える問題でこんなのがあった。
ワード文書に表が挿入してあり、問題はこんなん(文章は違うが)
「タイトル「パソコン検定試験3級」の罫線を・・・と変更してください」
下に表があり表のタイトルに「タイトル「パソコン検定試験3級」と書かれていた。
表全体の罫線を指すのか、「タイトル「パソコン検定試験3級」セルの罫線を指すのかどっちかわからん。

表を指すのだと思って回答したが、たぶん違っていたのだろう。

試験担当官に質問しても問題に関することは答えられない決まりなので、自分で判断するしかない。
試験担当官はCBT方式の上で機器の操作方法や、フリーズした場合の対処しかできないのだ。

今日の試験では選択問題で解答を選択するよりも、この問題はどう解釈すればよいのだろうと思うほうが多かったような気がする。

でも他の受験生も同条件で試験しているので文句は言えない。
600点中539点取れてるのだからまあよしとしよう。

帰りに次の段階「準2級」のテキスト買うべく本屋へ向かった。

JR高島屋11階の三省堂へ行ったのだけどテキストは売ってなかった。
その代り、「スペック 三」と「ノルウェイの森」(上下二巻)を購入。
他にもいっぱい買いたい本が・・
興味のあるの本の種類は2種類ある。
一つは海外ドラマのノベライズ。「24」・「LOST」・「プリズンブレイク」等々。
今読んでるのは「24」のシリーズ版ではなく「CTU機密記録」の方で、「消失点」の上巻まで読んだところ。

もう一つは映画のノベライズ。「スペースバトルシップ ヤマト」で再燃し始めた。(ヤマトシリーズは昔の完結編まですべて持ってる)
「スペースバトルシップ ヤマト」は読破したので、次は今日買った「ノルウェイの森」だ。

これも先日映画を見に行ったのだが、非常に内容の濃い作品でとてもよく出来てる。
非常に悲しいシーンが多い映画なので小説ではどのような描写がされているのか楽しみだ。

後はスペックだな。
これはドラマが大好きだったから買ってもた。

その後、ビックカメラ名古屋駅西店の3回書籍コーナーでP検のテキストを購入して帰宅した。

それと、一つ言いたいことがある。
試験会場、高島屋、ビックカメラのどこでもなのだが、暖房が熱すぎる!!
今日みたいな外気温が低い場合、暖房をガンガンに入れられると着込んでいるので暑くてたまらん!
試験会場の他の受験生の中では汗を拭きながら受験してた人もいた。

何にせよ体調崩す原因となるので、もっと配慮して暖房入れてほしい。
ビックカメラなどは出入り口の1階は強めにするべきだが、2階以上は外気温とあまり差がなくした方がよい。

そんでもって帰ってから飯を食い、今日から始まった新ドラマ「CONTROL~犯罪心理捜査~」と「美しき隣人」をみて
今日記を書いている。

今日はこの後海外ドラマのDVDを見まくる予定だぁ~。

2011年1月8日-P検 資格検定勉強

9 1月


今日は15時過ぎからP検こと「パソコン検定試験」の勉強をやってた。
今回受験するのは3級だ。
普通にパソコンを使えるのなら技能的には特に問題はないが、知識的に専門用語とか出てくるので試験対策は侮れない。

前回受験した4級のレベルは新入社員レベル(公認テキストより)で合格基準は配点300点中の180点以上、60%以上で合格となる。
4級は12月に受験し、合格したので準4級以上に与えられる「ジュニアマスター」の選定資格は取得したことになる。
まだ工業高校生の育成レベルだ。

今度受験する3級のレベルは企業入社1~2年レベルで、合格基準は配点500点中の325点以上、65%以上で合格となる。

パソコン検定試験とは、米国ISTEが定めた国際的なICT教育基準である「NETS(National Educational Technology Standards)」の準拠資格として認定を受けおり、文部科学省「学習指導要領」の準拠資格だ。

資格を取得していると就職に有利に働くほか、学生では大学・短大の入試優遇・単位認定などのメリットがある。

階級は「1級」・「準1級」・「2級」・「準2級」・「3級」・「4級」・「準4級」・「5級」の8階級存在する。
私の場合は4級からはじめた。まあ社会人で初めて受けるなら「4級」・「3級」が妥当な階級だと思う。

試験方式はCBT方式でタイピングテスト・選択式テスト・実技テストの3つ。(2級以上はタイピングテストがない)
CBT方式なので受験終了と同時に合否判定がわかる(準2級まで)

一か月にひとつ受験し、当然1級まで取得するつもり。
就職のために取れる資格は全て取得するつもりだが、自分のスキル(知識も含める)アップという意味でもこういった目標はあった方がよいと思う。
よくIT業界に資格はあまり関係ないというけれども、今実際に自分がどのレベルにいるのかが認識できるので私はやってみたほうが良いと思う。
(取得しておいては損はない。)

勉強は公認テキストを購入し、1日に2~3時間ぐらい勉強してる。
3級までは普通に勉強すればとりこぼすことはないのではないかと思う。(社会人であれば)

とは言ったものの実は今ちょっと焦っている。
試験日が1月11日(3日後)なのだが、正月ちょっとさぼったせいでテキスト終了するのがギリギリ前日かな・・・

まあ、11日当日も試験は18時からなので復習ができるから大丈夫とは思うが、おかげさまで今日は6時間ブっ続けで勉強してた。
その後にDB開発やってたもんだから、今日はもうだいぶ眠い。

まあ、試験前はいつもこんなもんなのだが、毎度毎度もっとはやく終わりたいもんだ。

追伸:
P検のHPから入門レベルの5級とタイピング練習が無料で受けられるので、一度試しにやられてはどうでしょうか?

P検ホームページ

2011年1月7日-マーケティングDBの構築

8 1月

先日アパレル店 店長に聞かれてマーケティングDBの開発をAccessでのクライアント/サーバーシステムの構築で再開した。
ホントはSQLサーバーを使ってやりたかったのだが、元がAccessで出来ていて可能な限り早くほしいとのことよりAccessをそのまま使うことにした。

大元のDBがスタンドアロンで使われていたこともありAccessで出来てる。
サーバーとなるPCが「仕事はお店で」っていう考えで最初はネットからも切り離した状態だったのだが、DBを作った知人が後のことも考えてサーバーとして使えるように設計してくれたもんだから比較的楽な方だと思う。

クライアント側の設計だけなので最初はリンクテーブルで簡単にできるのかとも思ったが、やはりそんな簡単なものじゃなかった。
元DBのデータが多くなればなるほど、通信負荷がかかるのでアクセスがメチャ重くなる。それにセキュリティ面の問題もあるのでやはり地道に行くことにした。

というわけでVBAでDAO使ってコツコツとコーディング。
セキュリティ面に関しては、まずはドノーマルにユーザーIDとパスワード認証だけにしようかと思ったんだけどWINGS等々で調べていくうちにコンピュータ認証も追加した方がよいとのことで追加することにした。

大変なのは言わずもがなのエラーチェック処理だ。
ここの設計にだいぶ時間がかかりそうなのだが、納期が一月末までの「お試し版」は「データ確認」のみなのでエラーチェック処理が主な開発内容と言ってよいだろう。
何しろ元システムがあるため、GUI等はそれを真似ればよいのだから。

このエラーチェック処理がうまく稼働するようになれば、お試し版の次は元システムと同様のデータ追加・修正等々の機能を付けていくことになる。

この辺りになるとSQLステートメントと格闘してんだろうなと予測しながら、まずはきっちりとAccessVBAをマスターすべく取り組むことにしよう。

2010年12月13日-プログラム開発と健康管理

14 12月

今日は一日プログラム開発に没頭していた。

まずはVBAについて。
昨日ボラしたアパレル店の店長から、マーケティング管理用DBを自宅でも使えるようにカスタマイズして欲しいとの依頼有り。

元ソフトの仕様書のコピーも一式準備してもらい、カスタマイズすることに。元ソフト自体AccessなのでカスタマイズはVBAのイイ教材になりそう。

一応、元ソフト制作者(これも友人)に確認してみたら、販売したのではなく、個人でVBAの勉強がてら開発したものだからいいように扱ってくれとのこと。

あの店長、とことん同窓生を利用してるなぁ~。

まあ、一応期限切って1月末にお試し版を提供するってことにしておいた。
カスタマイズなんで一か月も必要ないと思うけど、まあ余裕見ておこう。

VB.netとVC++/CLIでの健康管理ソフトについて。
ようやく本日要求定義となる骨子が出来た。

主機能の一つに当然各計算があるのだが標準体重、BMI、肥満度、体脂肪量、体脂肪率とBMIからの判定が難しい。その上標準体重計測法の「日本式」・「BMI法」・「ローレル指数」の計算がこれまた難しい。特にBMI法。

まあ、とりあえず要求定義は出来たので外部仕様の作成に入ろう。
今までの経験より、仕様が肝心!
よって開発プロセスは確実に守る!

要求仕様→外部仕様設計→内部仕様設計→機能仕様設計→プログラミング→モジュールテスト→昨日テスト→システムテスト→各種報告書・取説作成→配布。

どんな小さなソフト開発でもプロセスの癖をきちんとつけておこう。 それが身についていないと後からとっても痛い目に合うこと間違いなし!!

まずはVB.net先行でファンクション単位で進める、一ファンクション終わったら今度はその部分をVC++/CLIで進めていく。同じソフトが2個できるがまあいいや。
設計方法もどの方法がリスクが少ないかよく考えてみよう。 外部仕様からの修正とかになったらアウト!

とりあえず、開発プロセスはウォーターフォールは止めて反復型に決定!
コーディング方法をいろいろ検討しつつ年内に外部仕様完成を目指す。

っとここにきて、ふと思った。
体重管理だけにするとつまらないんでジョギングシミュレーターの機能を取り入れよう。あと万歩計がないことも考慮してウォーキングもシミュレート可能にしてみよう。サイクリングはそれが出来てからだな。ジョギングシミュレーターのマップ及びマーキング機能まではちょっと無理かな。

ということで、要求定義である骨子の修正を行った。
これも2月末ぐらいまでには出来るようにスケジュール調整しながら進めていこう。

2010年12月7日-P検_Ring Ring Ring!

8 12月

昨日は18時からP検4級を受験してみた。
P検は初めてだったので、まずは様子見で4級から。

内容は、タイピングテスト・パソコン機器に関する基本知識・パソコンを使うことによって生じる各種現象・OSについて・Word2007・Excel2007だ。

基本的に簡単な問題ばかりなので、参考書買って一週間ほど勉強すれば楽勝で合格するレベル。

しかし、今回の試験で思い知ったのがタイピングテスト時の自分の不器用さ!
5分間で画面に表示される一文を700文字分入力。
完了していなくても5分で強制終了。

いつもキー配置なんて考えてなく、自己流のため勝手が違うし、キーボード自体が使い慣れてないし、自分は右手の腱鞘炎が癖になっていて痛いしで100%クリアが出来んかった。(合格ラインはクリアしたが・)気持ち悪い
タイピングテストコードなんて登録内容もあることだし、今後はキー入力にも多少は配慮するようにしよう。

結果はMCASと同じくその場で採点・通知で無事合格した。GOOD

今度は3級と2級をダブル受験しよう。

そんでもって腹が究極に減ってる中、母親からメールが・
「先月メイチカに「Ring Ring Ring!」がオープンしたから、ドーナツ買ってこい」。
そんで名鉄百貨店本店本館地下1階スイーツステーションの「Ring Ring Ring!」向かったが、遠間からでもわかる行列が・・・

メチャ腹減ってるせいで並んでる最中に腹が鳴りっぱなし。
並ぶこと40分ほどでやっと自分の番になり、とりあえずどんなん買ったらいいのか聞き忘れたため「ドーナツクルーラー」、「ブレストドーナツ」、「ヴィエノワズリー」をプレーン、ストロベリー、ショコラクランチ、カスタードの4種類ずつ注文、後から自分用に一番人気を争うと思われる名古屋限定商品「ブレストドーナツ あずきクリーム」を買った。(レシート別で)。

名古屋駅でJR待ちしてる間に自分用の「ブレストドーナツ あずきクリーム」だけ先に頂いてしました。ペロリ

「Ring Ring Ring!」は価格帯がなかなか低く設定されており、200円~500円ぐらいで買えるのでお手頃かもしれない。GOOD

とりあえず、どんなんかわかったので次回はちょっと変わったものを注文することにしよう。

2010年11月18日-疲れた・・

19 11月

今週末、土曜日に資格検定試験をを2科目受験しようと思い、
名古屋駅前にある富士通オープンカレッジ名古屋駅校に申請した。

勉強するには十分余裕のあるスケジュールだと思ったんだけど・・
問題集のデータがPC上で上手く動かんかったり、いろいろあって毎晩この時間までかかってしまうことが定着してしまった・・

毎度のことなんだけど、昼一から勉強し始めてずーーーーとってのは疲れるなぁ
時折、休憩がてらちょっと外にも出るんだけど近くにある鶴舞公園を散歩するくらい・

20日といえば中日ドラゴンズのセ・リーグ優勝パレードの日じゃんって今日気が付いた。
優勝パレードは必ず行こうって心に決めてたのに、なんてこった!がっかり

試験の時間は10時からと13時からそれぞれ50分間。
柳橋・名駅のパレードが到着する時間がわからんので試験時間以外の時間帯に到着することを祈るのみ。

試験会場にデカイ デジ一を持っていくのも気が引けるので、
優勝パレードはコンデジで写真撮るようにしよう。

明日も一日勉強だなぁ~~。寒い