海王丸 セイルドリルと一般公開

10 11月

2014年11月8日と9日

日本最大級の帆船「海王丸」が寄港し、8日にはセイルドリルを9日は一般公開されたので両日とも行ってきました。

8日のセイルドリルは名古屋も曇りがちだったけど何とか天気がもち、9日の一般公開は雨だったけど結構人がいて賑わってました。

EOS_Kiss_X2_14-11-08_0017 DMC_FX700_14-11-09_0021

8日

セイルドリルが行われるのは13時から。

総帆展帆は14時ごろとのことより13時半ごろに名古屋港に着きてくてくと歩いていくとまだ帆は張られ始めたところだった。

EOS_Kiss_X2_14-11-08_0001

訓練生たちが元気な掛け声で「せーの!」「わっしょい!わっしょい!」でロープを引き、セイルを張っていくのは南海見てもよいもんです!

EOS_Kiss_X2_14-11-08_0005 EOS_Kiss_X2_14-11-08_0004

帆の種類は縦帆と横帆の2種、追い風を受けるのが横帆で舵を切るのが縦帆。

EOS_Kiss_X2_14-11-08_0011

40分ほどで帆が張られていき14時半頃には総帆張られ「海の貴婦人」と呼ばれる美しい姿に♪

ここで全景撮れるように場所をぐるりと変えつつ、ポートビルの展望室に上り上からも♪

EOS_Kiss_X2_14-11-08_0018 EOS_Kiss_X2_14-11-08_0020 EOS_Kiss_X2_14-11-08_0021

しばらく上で見ていると休憩終わりで今度は帆を畳む訓練が始まりました。

畳むのはやっぱ展開するよりも時間がちょっとかかるね~

マストに上って帆をたくし上げて縛っていくのがとても大変そうでした。

EOS_Kiss_X2_14-11-08_0037 EOS_Kiss_X2_14-11-08_0031 EOS_Kiss_X2_14-11-08_0033 EOS_Kiss_X2_14-11-08_0036

最後までセイルドリルを見学して帰宅したけどすごい人でした!

やっぱりこういうのは興味あるんだね~いっぱいの人が説明聞きながら写真撮ってました!

海王丸(セイルドリル)の全写真はこちら→http://photozou.jp/photo/list/1010550/8460699


翌9日。

午前と午後の部に分かれて一般公開がされており15時ちょっと前に到着。

雨が降っていたのであまり人はおらんだろうと思っていたんだけど結構人がいて賑わってました。

やっぱりちょっと気になったのはフォアマスト・ミズンマスト・ジガーマスト、それぞれ後方にちょっとずつ傾いているんだけど後方のジガーマストに行くほど傾き角が急になってる。

DMC_FX700_14-11-09_0001 DMC_FX700_14-11-09_0002

訓練生さんに聞いたらやはり後ろの方に行くほど風邪を強く受けるから急になってるんだって!

ロープの次に多い道具、キャンパスタンパーがいっぱいあるんで折れたことないか聞いた見たらやっぱり折れることはあるんだって!

そんなこんなで最初は船尾の舵輪の方へ。

ただ人が多かったのでここはとりあえずスルーし海図室・無線室など船室を外から眺めながら説明を聞きぐるっと船首の方へ。

両舷には救命艇が3艘ずつあって、そこでヤシの実を持った訓練生が♪

DMC_FX700_14-11-09_0009 DMC_FX700_14-11-09_0011 DMC_FX700_14-11-09_0012 DMC_FX700_14-11-09_0013

雨でヤシの実掃除が見れなくって残念だけどちょっとやってもらいました♪

船首へつくとそこにはでっかい揚錨機があり、スペアの碇もあります。

訓練生さんに聞いたところ碇は片舷で2.5トン、両舷合わせて5トン、流石に手動では巻き上げられないそうで揚錨機の力を借りるそうです。

DMC_FX700_14-11-09_0015 DMC_FX700_14-11-09_0018

DMC_FX700_14-11-09_0034 DMC_FX700_14-11-09_0035

もう一度船尾側へ行くため一回降りて再度乗船。

船尾の毎回じっくり見るんだけど今年もじっくり舵輪を拝見。

なんで2重になっとるのかというと舵とるのに2名から4名で行うためです。舵輪での舵取りは船橋から指示が出されるそうです。

DMC_FX700_14-11-09_0021

それから下船して船首についてる黄金の女神像「紺青」を撮影しに♪

祈りじゃなくて笛を吹いてるんだよね~。

DMC_FX700_14-11-09_0039 DMC_FX700_14-11-09_0040

海王丸・日本丸ともに帆船ですが、セイルでの航行は洋上でしか行われません。

総帆展帆訓練「セイルドリル」も1年に5回くらいしか行われず神戸港でのセイルドリルは悪天候のため中止されたそうです。

セイル航行は旋回するのが難しく港湾などの障害物が多いところでは回避することができないためです。

日本の各港を回りながら最終的には東京へ戻るそうです。
訓練生の皆さんお疲れさまですね!!

海王丸(一般公開)の全写真はこちら→http://photozou.jp/photo/list/1010550/8462272


帰りがけにポートビルの4階で行われている「帆船模型展」に寄りました。

いっぱい超精巧な帆船模型が展示されており、一個作るのに何日くらい?コストはどんなもんなんだろう?って思っちゃいました。

中には日本丸が展示されてたけど、比べると世界の帆船はでっかいね~~♪

DMC_FX700_14-11-09_0005 DMC_FX700_14-11-09_0007 DMC_FX700_14-11-09_0009 DMC_FX700_14-11-09_0029

帆船模型展の全写真はこちら→http://photozou.jp/photo/list/1010550/8462286

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。