信長のシェフ-第1話

11 1月

原作、西村ミツルの「信長のシェフ」(芳文社コミックス)

芳文社コミックス

金曜ナイトドラマ初の時代劇(もどき)

平成の世からタイムスリップしたフレンチシェフが織田信長の料理長に召抱えられて活躍するドラマ。

信長のシェフ

キスマイの玉森って連ドラ単独初出演なんだって!

キャストだけ見れば豪華なメンツだけど、内容的にどうなんだろうってのはあった。

とりあえず、時代背景や言葉使いは考えないようにしてw

先ず、ミッチーの第六天魔王 信長はなんていうんだろ・・・悪役が似合わないミッチーにしては良くやってる思うが覇気が・・・・

ゴリがサルってのはあってるかもwあと森兄弟のお兄ちゃん森可成の宇梶剛士が迫力あるわ!

設定を見ただけでは料理頭のきたろうと徳川家康のカンニング竹山が同じ顔に見える。あとなんといってもゴローちゃんはこういう役回りが最近板についてきたような。スマスマの延長みたいな感じの演技だった。

第1話目、いきなりタイムスリップで始まる。

普通なんらかの前置きがあってからのタイムスリップだと思うがいきなり飛ぶw 一人だけのタイムスリップかと思いきやもう一人料理人が飛んでいてそちらは記憶もありなのだがケンはタイムスリップ以前の記憶が喪失された状態。

いきなりもう一人が死ぬ。

そして志田ちゃんと遭遇。

志田ちゃんちょっと大人っぽくなった?っていうか男を演じてる女役だし♪なんだかんだで尻触られたり胸揉まれたり、玉森けっこうおいしい役?

このドラマ、ナイトドラマにして正解かも。

見ているとなんかのめり込むような感じのドラマではない。どこかコメディチックになっているのでそれなりの見方で見るのが一番。

第1話にして終わりが見えたような気が・・・本能寺の変で信長が死ぬところで「お前の利用価値は終わった」とか言って平成に戻るんじゃないかと予想。

形としては「仁」の料理版でコメディにしたもの?それにしても言葉使いくらいは昔の言葉使いを再現してほしかったね~。

あと、楓役の芦名星がセクスィ~だった♪ 楓って初見だったけどちゃんと伊賀のくの一でおるらしいね。

あと、料理の歴史がわかるとこは良かった!

うなぎが昔は宇治丸で食べ方が胴切りで開かないってのは勉強になった。

なんかそう考えると、このドラマは料理の歴史ドラマって考えたらいいのではとちょっと思う。

そいや信長が「奇天烈」っていっとったけど、戦国時代にその言葉あったのかなw

まぁ、そんなふうに見て行くとこのドラマは中の下ぐらいな感じでした。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
キャスト
・ケン-玉森裕太
・織田信長-及川光博
・夏-志田未来
・謎の女役-香椎由宇
・豊臣秀吉-ゴリ
・楓-芦名星
・森可成-宇梶剛士
・徳川家康-カンニング竹山
・料理頭・井上-きたろう
・明智光秀-稲垣吾郎
・森蘭丸-永瀬廉

主題歌:Kis-My-Ft2「My Resistance -タシカナモノ- / 運命Girl」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。