『ビューティフルレイン:第2話』

8 7月

「ビューティフルレイン:第2話:記憶を失うとき一番大切な人を傷つける」の感想。

今回のポイントは「オンナが出来た」♪
最近の小学2年生はここまで知ってるんだな~www

ってか国生さゆり、小料理屋の女将かぁ~セリフ少なめの後ろ姿で電話してるだけだったが感じは良かった♪

ビューティフルレイン

第2話のポイントは圭介に「オンナが出来た」疑惑を持った美雨がそのせいで美雨の事はどうでもよくなり忘れることが多くなってきたと思うこと。
まぁ相談相手が小太郎なのでそうなるだろうが・・・・小太郎の母親は小料理屋を営む春子。
着物で後ろ姿の国生さゆりがまた何ともw

そんでもって、第1話で唐突に嫁ぎ先から帰ってきたアカネがこのドラマのキーポイントになってくるような気がしてきた!

最初はなんとなく仕事仲間に疑惑をもたれ・・まぁ今でも持たれてるのだが・・・勝田か社長に気づかれて・・・・っと思っていたのだが。
アカネ、ただ帰ってきただけじゃなかったか・・・・それにしても中谷美紀も落ち着いた演技定着して良くなってきたな・・
ケイゾクとか見てたけど、あの頃は今で言う当麻だったからね♪SPECがケイゾクのシリーズなんで当然と言えば当然だがw

にしても圭介・・偶然本屋でばったりアカネに会って知人に頼まれてって言って作業着で懐各設楽余計に怪しいじゃん(/_;)

一方美雨は「とうちゃんオンナが出来たの?」って直接聞く辺りが可愛い♪
ドラマの定番なのだが、言い訳ちゃんと考えたほうがいいぞw
大人の事情って答えたら余計に怪しまれるじゃん!

そんでもってラスト15分は目も当てられなかった・・・
客先との重要な打合せを忘れ・・・・美雨の誕生日プレゼントを忘れ・・・・ローラーシューズのサイズを忘れ・・・・・挙句に自転車での帰り路を忘れ・・・誕生日会に遅刻すること2時間近く。
交番を見つけてまだ自分の家の住所を言えたからよかったようなものの、いずれは住所も忘れちゃうんだろうな・・・
怒りたくなるのもわかるけど、「父ちゃんばっかり責めるな、父ちゃんだって一生懸命やってるんだ」・・・・
7歳の娘にそれ言っちゃ駄目だよ父ちゃん・・・・

そしてラスト。
圭介は意を決し病院に向い古賀に治療をと。
アルツハイマー病への付き合い方というパンフレットをもらい、嫌いなかぼちゃも購入する。
アカネのアドバイスで美雨は圭介に謝り仲直りする。
っがその夜とうとう・・・・見られてしまう。

来週はアカネにどうやらバレるっぽい内容だが・・・ここからが正念場!
何が正念場って?そりゃ「サマーレスキュー」とのバトルがってことでしょう(笑)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
キャスト
 木下家
 木下 圭介 – 豊川悦司
 木下 美雨 – 芦田愛菜
 木下 妙子 – 石橋けい

 中村産業
 西脇 アカネ – 中谷美紀
 中村 富美夫 – 蟹江敬三
 中村 千恵子 – 丘みつ子
 勝田 秋生 – 三浦翔平
 宗田 清 – でんでん
 
 小料理屋「はるこ」
 新井 春子 – 国生さゆり
 新井 小太郎 – 高木星来

主題歌:芦田愛菜「雨に願いを」(ユニバーサルミュージック)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。