「生まれる。:第1話」

23 4月

『生まれる。:第1話:母が51歳で妊娠した、命と命の絆を描くヒューマンドラマ』の感想。

特上カバチ以来じゃないかなぁ、堀北真希主演です!

キャストもイケメン揃えてますね~林田一家:父ちゃんの林田新平(イケメンちゃうわ)、長男 林田太一、二男 林田浩二

女性陣も粒揃い:主人公の長女 林田愛美、二女 林田美子、長男のデザイン会社の先輩で水川真帆。
そして影の主人公の母ちゃん 林田愛子

酒井若菜もひっさびっさに見たけど、イイ感じになってきたなぁ~
まっ 男性陣はジャニーズで揃えてきて、もういいよって若干思う。

ストーリー的にはドロドロではなくって結構ほのぼの系ドラマかなって思ってたんだけど、いきなり父ちゃんが脳梗塞で逝かれてしまってなんやそりゃ~状態。
母ちゃんもショックからか床に伏せてしまい、長女の愛美と長男の太一が実家に戻ってくる。

っとその前に、太一は愛美に手料理喰わせてもらっていることにちとびっくりした。(なかなかおらんぞそんなキョウダイ)

あと一番最初に危険フラグ立ったのが太一で、変なおっちゃんから実はお前は俺の子だ、調べてみろなんてことを言われてたりするし
その次に二男の浩二も合コンネタで言っていた白血病の件が実は実話っぽい。

自分的には太一のホントの父ちゃんと名乗るおっさんがどうしても銭ゲバの風太郎n親父の兼三(椎名桔平)にしか見えない。
そのうち、金をせびりだすに違いないと勝手に思ってる。

あとは~、太一の先輩の水川真帆!
どう見ても太一にちょっかい出すだけ出してポイのパタ~ンに思える。彼氏いるってとこが更に・・・

でっ 冒頭にあった「母さん妊娠してるの。」にどうやって持っていくのかと思いきや、親父の忘れ形見ってパターンだった。
しかも、主人公が長女になってるわけはマスコミ会社での企画が「高齢出産」ということで絡んできた。

そっから、生む生まないの最初の選択があり中絶する決断をするが、それじゃこのドラマ終わっちまう。
結局手術当日に愛美が止めに来るのかと思いきや、母ちゃんが自分で逃げ出したって・・・

そんでもって最後にいろいろなフラグ立ち過ぎ!
主人公の愛美以外の全家族に何らかのフラグ立ったし。

次回このいっぱい立ったフラグがどう処理されるのか乞うご期待ってとこかな。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
☆主なキャスト
林田愛美: 堀北真希
林田太一: 大倉忠義 (関ジャニ∞)
林田浩二: 中島健人 (ジャニーズ Jr.)
林田美子: 竹富聖花
林田新平: 三宅裕司
水川真帆: 酒井若菜
国木美和: 戸田恵子
近藤卓巳: 大杉漣
林田愛子: 田中美佐子

公式HP:http://www.tbs.co.jp/umareru2011/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。