2011年2月21日-「大切なことはすべて君が教えてくれた:第6話」

22 2月


『大切なことはすべて君が教えてくれた:第6話:半年後』の感想

優柔不断な修二(三浦春馬)にイライラする視聴者がけっこう多いと思うのだが、それでも見てしまうのは何故だろう?
視聴率はわりかし好調で第1話:12.1%、第2話:11.6%、 第3話:10.5%、 第4話:11.0%、第5話:12.1% と10%を切っていない。

だがどうしても残念なのは何度も本ブログで書いてはいるのだが主題歌のポルノグラフィティ「EXIT」よりも、明らかに劇中歌のP!NK 『Greatest Hits… So Far!!!』(Best Album)の方が合っている。
HPでもチャートが急上昇中とのこと。

※P!NKのHPは以下
http://www.pinkspage.com/jp

※SonyMusicのP!NKオフィシャルサイトは以下
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/BV/pink/

何故視聴率が下がらないのかふと考えてみた。
それは夏実(戸田恵理香)が大人になっていく様に共感している人が多いのだろうと思う。
前話で内心は今にも泣き出しそうで崩れ落ちそうなのに、気丈にも修二のためを思い別れを告げる。

そんな夏実にみな共感し、応援しているのではないか。

一方修二は今のところあまりいいところはなく、優柔不断という印象が強い。
夏実、ひかり(武井咲)の双方に自分の気持ちをきっちりと伝えたところは見受けられない。

本話で述べられているのだが夏実は修二のそんなところは自分に原因があると言っている。
それで見を引いた夏実はとても器がでかいと思う。

さて、本話のタイトルは「半年後」だ。
修二は学校側から、いくら何もなかったからといて生徒を家に泊らせたことは重大な過ちということで半年間の謹慎処分になる。

そんな中、望未(剛力彩芽)は中西先生(西村雅彦)に先生と生徒が恋をしてはいけないのか問う。
中西は恋をしてはいけないことはないが超えてはいけない一線があると応える。

なんか中西がとてもいい先生に思えてきた。
西村雅彦は教師役は結構イケるのかもしれない。

そして夏実は修二に対して結婚式をキャンセルし、別れることを告げる。

修二が謹慎している中
夏実は子供をどうするか、流産の危機のあったなか亜弥(内田有紀)の励ましもありシングルマザーになることを決意する。

亜弥と夏実がいつの間にか友達になっていることにはちょっと驚いたが、病院に通うなかで友達になったのだろう。

一方ひかりはあれから学校に来ることが少なくなり、来ても保健室で過ごすようになっていた。

そして修二は実家の酒屋の手伝いをしていた。
半年後、修二の謹慎がと解け次週から学校に復帰することになったが修二は迷っていた。

何のために学校に復帰するのか。

夏実が成長しているってのに修二はヤサぐれてましたね~
半年間何を考えてたんだろうって思うほどヤサぐれてました。一瞬ここで「ごくせん」時代の三浦春馬が復活するのかと思ってしまった。

教師復帰日、朝早く学校に行く修二。その手には辞表があった。
職員室に行くとそこには夏実が既にいた。

そして、夏実から半年前に別れた時の心境を聞かされる修二。

そしての教室の扉をあける。
そこにひかりの姿はなかった。

校長から、佐伯ひかりは転校することになったと聞きひかりに会いに行く修二。
ひかりの母親と会い説教を垂れる修二。

だからお前が説教垂れるなよ~って少し思った。

そこにひかりが現れ、ひかりが心境を語る。
そばにいるとそうしても頼ってしまうから、先生は戻ってというひかり。そして何も言えない修二。

翌日、学校にひかりが登校してくる。
そして母親が退学届を出す。

ひかりは転校するまでのわずかな期間だけでも授業を受けようと思い登校したという
修二は授業後にひかりと話す。
俺はお前のために学校に戻ってきたと。

なんでわざわざ二人きりになるシチュエーションを作るのかね~。ゴタゴタの要因を作ってるようなもんじゃん。

エンディング
理科室で整理をしている修二のところに夏実が来る。
ついに夏実が妊娠していることを修二に話す。

うろたえる修二、これはおれたちだけの問題じゃないと・・
夏実はそんな修二に語る。
そうなると思って半年前には言わなかったと、妊娠を盾にするようなことをしたくなかったと・・・・・

夏実ちゃんなんてイイ人なんだ、普通は絶対違うよな「妊娠してんるんだから責任とって」だよな。

そして改めて修二にいう、もう一度やり直そうと。
またしても何も言えなくなってしまう修二であった。

このドラマの着地はやっぱり夏実が身を引き、修二とひかりが結ばれるような気がする。
修二は夏実対してこう言うようなきがしてならないんだよなぁ
「ごめん夏実、大切な事はすべて君が教えてくれた、それには感謝してる。けど俺の大切なものは佐伯なんだ。」と

次回予告で遂に東海道新幹線トリオの最後の一人、こだま君がひかりに告白するようだ。
頑張れこだま君! ひかりにDVされているようだけどめげるなこだま君!!
君がひかりを救ったらハッピーエンディングになることが大いにあるのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。